「ラピュタ」滅びの呪文「バルス」のトルコ語の意味が深い!深すぎる!

天空の城ラピュタ バルス トルコ語

今だに強烈な人気を誇る
ジブリ代表作の1つ
天空の城「ラピュタ」

このラピュタのなかで
使われる滅びの呪文「バルス」
この呪文「バルス」には

とても興味深い意味が隠されていると言われている噂があります。

では、その意味とは何なんでしょうか?

バルスの意味

 

天空の城「ラピュタ」
私の中でジブリ作品中2番目に好きなアニメです。

そこはウソでも1番って
言わないんだ!?

っと思われるかもしれませんが
本当なのでしかたないですよね。

 

さて劇中では
FFでいうところの「アルテマ」くらい強力な
最終呪文である「バルス」ですが、

このバルスには語源があるのではないかと言われています。

もっともポピュラーなのは
「バルス」の語源はトルコ語の「BARI?(バルシュ)」から
きているのではないかという説です。

 

そのトルコ語「バルシュ」の意味は「平和」

 

滅び呪文がである「バルス」の語源が
「平和」というのだとしたら
なんとも皮肉な話しです。

しかし、考えようによっては
すごく的を得ていると思います。

天空の城ラピュタは凄まじい破壊力を
持った兵器でもあります。
jdghogljfg
確かに物語中では
ビーム1発でまわりを火の海にしていましたね。

 

あんなものが
いつ空から打たれるかわからないと考えたら
地上の人たちも恐ろしくてしかたがなかったでしょうね。

 

そんな恐ろしいほどの力を持った
ラピュタを滅ぼすことによって
本当の平和が訪れると考えれば
滅びの呪文が「平和」を意味していても
おかしくないのかもしれません。

 

今の時代に当てはめて考えてみた場合
もし「バルス」の効力が現代で発揮されたら・・・

ビルや車に電気にインターネットといった便利なものが崩壊し
それと同時に核兵器や生物兵器のような
危険なものも無くなる世界になるって感じでしょうか!?

リアルな滅びの呪文という説

「バルス」と唱えても
もちろんビルも車も崩壊しませんが

 

インターネットのサーバーをダウンさせる力が
実は「バルス」には秘められています。

 

それが俗言う「バルス祭り」と呼ばれるものです。

 

バルス祭りとは
放送中にシーターとパズーが手を取り合って叫ぶ
呪文「バルス」に合わせて
Twitterやネッと上で「バルス」とツイート等をして
サーバーを崩壊させる祭りのことです。

2013年には当時の毎秒ツイート世界記録を
塗り替えたほどの破壊力をもち
過去には2ちゃんるやニコ生のサーバーを
ダウンさせるほどの盛り上がりをみせています。

 

実はバルスは現代社会において
脆弱なネット環境を崩壊させる
「真の滅びの呪文」だと言われているとかいないとか・・・!

パズーはどうやって呪文を知った?

パズーはどうやって呪文の言葉である
「バルス」を知ったのでしょうか!?

そんなのシータに教えてもらったに
決まってるだろ!!!

っと言われそうですが

 

もしそうだとしたら
なぜその時に崩壊しなかったのか?

という疑問がわいてきます。

 

この点はシンプルに心を込めて呪文を叫ばないと
効力が発揮されないから
っと言うのが正解ではないでしょうか?

 

そうでないと、何も知らない
子供がたまたま全く同じ発音をしただけで
効力が発揮されてしまったらおかしいですからね。

 

あんな科学力があるのだから
そんなツメの甘いことにはなっていないと思います。
【関連記事】
⇒ラピュタはホントに存在したのか?そのモデルとは?
⇒ラピュタの呪文リーテからバルスのホントの意味を知る!

・・・>>次のページ>>

みんなが興味を持っている記事はこれ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ