明智光秀が起こした本能寺の変の真実、本当の黒幕は秀吉か??

本能寺の変

小学校のとき歴史の授業で習いましたね。

 

ざっくり言うと

当時天下人に限りなく近い織田信長が本能寺にて家臣である

明智光秀に殺されるというものです。

 

しかし、その動機や背後に黒幕がいたのか

などは今だ解明されておりません。

 

ここからはなぜ明智光秀が本能寺の変を起こしてしまったのかを

わかりやすく現代版の物事に当てはめて考えていきます。

※ほとんど私見のため読み物として読んでいただければ幸いです。

本能寺の変

まず大前提としてこの織田信長
dfhgsdfjogd

本能寺にて討ったのは

明智光秀この人に間違い有りません。
fbsdfbhdfg

実行犯も明智光秀本人のみで合ってるとおもわれます。

 

そこで問題となるのは

はたして明智光秀が単独で計画実行したのか

またはどこかに黒幕がシナリオを考えて

明智光秀はそのとおりの立ち回りをしただけなのかは謎のままです。

 

明智光秀が単独で企画・演出した説

確かに明智光秀のほうが年上なのに信長にイジメられていたイメージが有ります。

その恨みがつもりに積もってついに爆発したのが本能寺の変だったという説です。

 

遺恨その1

明智光秀のお友達に徳川家康がいます。

その家康を招いた祝賀会で明智光秀は幹事役を

仰せつかっていました。

 

しかし、信長はその中の料理にケチをつけ

幹事として務めを果たしていないとの理由で

大勢の前で罵倒されました。

 

その時、光秀は心のなかで

よりによって友達である

家康の前で言うんじゃねーよ!!

と思い恨んでいた。

 

遺恨その2

明智光秀が新規開拓して得た領地を没収され

領地が欲しかったら

「さらに新規開拓して来い」

と言われた。

 

その時 光秀は心の中で

っていうか こいつ自分だけ美味しい思いしてじゃねーよ

と思うほどイラついた。

 

遺恨その3

足利義昭を織田軍団に引き入れたのは光秀です。

足利義昭はやがては自分を日ノ本のトップに立たせてくれると期待していました。

 

光秀は足利義昭のそういうい思いを理解したうえで

織田軍団に招いたものの

信長は足利義昭をトップにするどこか

自分がトップに立とうとし始めた。

 

その時、光秀は心のなかで

チィッ!がめついヤツ

と思ったが義昭のことについてはあまりなんとも思わなかった。

 

いちおうこの辺りが

光秀が謀反を起こしたとされる理由ですが

キレて突発的な行動をおこしたというのならともかく

本能寺の変はあきらかに前もって計画していた光秀が

行動をおこしたと考えられています。

 

では、なぜ

光秀はロト7の妻CMに出てくる妻夫木聡のように

短い時間で滅ぼされてしまったのでしょうか?

 

本能寺の変 黒幕説

そこで、光秀は援軍が来ることを期待して

本能寺の変を実行したのに

来ると言ってた援軍が来なかったことで討たれてしまった。

 

その援軍をだすと言ってた人物ことが

本当の黒幕じゃないのかと言われ始めました。

 

黒幕その1

長宗我部元親
kdhgdfklghsdf

四国の長宗我部は元々は織田軍団と同盟を結んでいましたが

信長は四国も自分の傘下に組み入れたくなり

同盟を破棄しました。

こうして次は自分のところが危ないと思った長宗我部は

同盟申し込みに訪れた光秀をそそのかし

本能寺の変を企画したとする説

 

黒幕その2

朝廷
ghsdkfhgsdf

朝廷とは今で言う皇族のようなものです。

朝廷をないがしろにする信長に怒りを覚え、朝廷に

出入りする光秀をそそのかし

本能寺の変を企画したとする説

 

黒幕その3

足利義昭
sdjgfsjkadg

義昭が信長を恨んでいたのは先程の「遺恨その3」で説明した

通り間違いないです。

その義昭が光秀をそそのかし

本能寺の変を企画したとする説

 

 

黒幕その4

徳川家康
dfkgsdfh

徳川軍団と織田軍団はお互い同盟していました。

しかし、その力関係は信長のほうが

圧倒的に大きく

家康は将来有望な自慢の息子を

信長の命により切腹させられおり

それを恨んでいた家康が親友の光秀をそそのかし

本能寺の変を企画したとする説

 

黒幕その5

豊臣秀吉
dfoghsdfgjadf

結果として信長の後を継ぐ形で

日ノ本のトップに君臨ることになった人物

得意の話術で光秀をそそのかし

本能寺の変を企画したとする説

 

本能寺の変 真実

ここで思い返して欲しいのが

光秀は誰かを待っていたのではないかということです。

 

逆に初めから自分ひとりで

企画・実行したのなら短い間に滅ばされるようなことには

ならなかったと思います。

 

いやいや

それは秀吉が中国大返しをして

光秀の予想を上回るスピードで帰ってきたからじゃね

 

っと言われそうですが

そもそも光秀は孤立状態であったため

秀吉が遅かったとしても他の誰かに討たれていた可能性が

極めて高いといえます。

 

そう考えるとき

黒幕は光秀に援軍にいける人物となります。

 

この点で朝廷・足利義昭の可能性はなくなります。

長宗我部についても四国から

本能寺まで援軍に来てくれると考えるのは難いので外します。

 

それでは家康はどうでしょうか?

家康なら距離的にも考えられそうです。

しかし、歴史書によると

家康は当時堺にいて本能寺の変を聞きつけて

「伊賀越え」という険しい道のりを選んで

自宅までやっとの思いで帰宅しています。

 

そう考えると家康も無いと思えてしまいます。

 

とすると残るは一番怪しいのは秀吉ということになります。

確かに一番美味しい思いをしているのは秀吉なので

秀吉と考えるが一番しっくりきます。

 

しかし、少し前に光秀の子孫と名乗るかたが新たな説を唱えました。

実は信長は家康に脅威を抱いており

家康暗殺をたくらんでいたというもの

その実行犯として光秀を任命するも光秀は信長についていけず

暗殺計画を親友である家康に話してしまい

逆に信長を暗殺しようということになり

本能寺の変がおきるという説です。

 

なかなか真に迫っている感があります。

 

しかし、光秀が裏切る理由と言うのが

信長が中国進出を目論んでいて

中国進出なんてしたら自分の身内が皆死んでしまうと

思い込んだことがキッカケということらしいですが

この部分にちょっと違和感を感じます。

 

そう考えると

やはり黒幕は秀吉なのではないでしょうか?

 

シナリオはこうです。

天下を狙っていた秀吉は

光秀をそそのかそうとしていた。

 

しかし、いくら口が上手い秀吉も

もともと仲が良くない光秀をそそのかすことはできなかった。

 

そこで、秀吉は親友である家康に目をつけて

信長が家康のことを良く思っていないことを告げ

そのうち嫌がらせがあるかもよと忠告する

 

そのときに光秀の怒りはもう頂点だから

チョイと囁けば謀反を起こすんじゃないかとこっそり教える。

 

こうして家康は秀吉の狙い通り光秀の背中を後押しして

光秀はついに実行へと移します。

 

全てを知っていた秀吉は

光秀謀反の報告を今か今かと持ちわびていた。

 

そして、その報告を聞くとすぐに

戦っていた毛利と和睦を結び

中国大返しをおこない山崎の合戦で光秀を討ち取るというシナリオです。

 

この説を裏付けるもの

なぜ信長は本能寺にいた!?

これは秀吉が信長に援軍要請をしたためです。

 

そもそも秀吉が援軍要請さえしなければ信長は本能寺に来ていないのです。

 

しかし、援軍要請するということは

秀吉はピンチだっと考えるのが普通ですが

秀吉が攻めていた高松城はもう落城寸前!!

 

なぜ落城寸前の城のために援軍要請を出しのか

一説には秀吉お得意にゴマすりで

信長に華を持たせようとしたからとも言われていますが

しかし、わざわざ出向いて落城寸前なんて知ったら

信長はどう思うでしょうか?

 

キレると信長が恐ろしいのは秀吉も重々しているハズ

秀吉がそんなあぶない橋を渡るようなことを考えるとは思えません。

秀吉は信長を本能寺へ誘導したかったんじゃないでしょうか。

 

通常では不可能とも思える中国大返しを成功させたもの

高松から姫路までの道のり約70キロを

3万人近い軍団がわずか1日半という短い期間でたどり着いています。

 

これには綿密な下準備が必要だったといわれています。

この短い期間にこれだけの人数を移動させるには

そうとう身軽なかっこうで移動していたハズです。

 

途中途中の食事も用意し

荷物は海上から運んだとされています。

 

はたして、戦のさなかに自分の軍団の親方が死んだことを知り

それから相手方と和睦を結び

道の整備から食事の用意さらには荷物の運搬までを

あの短い期間に全てをおこなうことができたでしょうか?

 

すでべは初めから知っていた秀吉だからこそ

できた技だったのではないでしょうか?

みんなが興味を持っている記事はこれ!

One Response to “明智光秀が起こした本能寺の変の真実、本当の黒幕は秀吉か??”

  1. キノピコ より:

    歴史のミステリーは知れば知るほど面白い

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ