元KARAニコルのKARA脱退理由とその真相

ghksdfhgkhsd

元KARAニコルKARA残留を望んでいました。

そんなニコルが、なぜ契約更改することなく

契約期間満了をもって辞めなければならなかったのでしょうか?

KARAニコルのKARA脱退の真相

 

全ての発端は2011年にまでさかのぼります。

 

大きく記事に取り上げられたので

ご存知のかたもおおいと思いますが

KARAのメンバーがDSPメディア(KARA所属の事務所)に対して訴えを起こしました。
⇒そのときの画像

 

その訴えとは以下のようなものです。

・契約期間の短縮

・経営陣の交代(代表夫人の退陣要求)

・専用マネージャーチーム運営と透明な精算システムの確立

 

なんとなくのイメージですが経営陣と

モメてそうな雰囲気はわかりますよね。

 

これは良くあるギャラのつり上げ要求にも思えてしまいますが

実はメンバー達にはせっぱつまった思いがあるのでした。

 

元々はKARAのメンバーと経営陣達との間に

亀裂は生じていませんでした。

 

元代表のイ・ホヨン代表が倒れその代わりに代表理事に就任したイ代表夫人

経営に乗り出してからすべての歯車が狂い始めます。

 

それまで元代表と一緒に頑張ってきた古株をないがしろにして

自分の思い通りに動く部下達を集め新体制として

会社の儲け第一主義を掲げた経営方針に切り替えてしまいます。

 

この方向転換がまったく逆効果となります。

 

そりゃー音楽業界に無知な経営者がいきなり

しゃしゃり出てきて、

あーだこーだいっても良いものができなければ売り上げは落ちます。

 

そこで、一番の稼ぎ頭であるKARAへ過酷な

スケジュールで仕事をさせ始めます。

 

しかもこともあろうか

それだけの強行スケジュールを組んでおきながら

正規の給料よりも低く渡していました。

 

ちょっと本当は思えませんが相当低い金額です。

以下wikiより引用
2011年1月19日、メンバーのスンヨン、ニコル、ジヨンの3人が

所属事務所のDSPメディアに専属契約解除を申し出た。

アルバム『LUPIN』で人気を得ていた2010年1~6月の

メンバー1人当たりの報酬が月14万ウォン(約1万円)

しか支払われないのを不服としたもの

 

事務所からこんなことをされていれば誰だって怒りますよ。

 

こうしてニコルの母親を筆頭に3人がDSPを相手に訴えを起こしました。

 

そういった背景を知って3人の要求を見てみると

・契約期間の短縮

・経営陣の交代(代表夫人の退陣要求)

・専用マネージャーチーム運営と透明な精算システムの確立

 

これってすごくマトモな請求なのではと思えてきます。

 

もし、給料を上げることのみが目的なら

「専用マネージャーチーム運営と透明な精算システムの確立」の

要求などいりませんものね。

 

手っ取り早く金額のみを要求すれば済むことですから

 

結局、DSP側が折れるという形で

この事態は表面上は収集するのです。

 

このときなぜメンバーは経営陣と最後まで

やり合わなかったのか・・・?

その理由は、ファンへの想いからでした。

 

しかし、折れる形で和解したはずの

DSPは改善することもなく今までどおりの経営方針を続けます。

 

そして、この後怒りの矛先をニコルへと集中させ

ほぼいっさいの個人活動の機会を与えなくさせます。

・ソロパートは激減し

・PVも隅のほうに

・挙句の果てにはニコル抜きの4人のみが番組に出ていることも・・・

 

もともとソロでの活動も視野に入れていた

ニコルに対してこれは酷い仕打ちです。

 

このような冷遇されている状態が2011年の訴え直後から

ニコルが脱退する2014年までじつに3年間にも及びます。

 

このまま冷遇を強いられるのがわかっている以上

ニコルが再契約に判を押すという選択肢はありませんでした。

 

こうしてニコルは望まない形でKARAを脱退することとなります。

なぜ、望まない形なのか??

それはニコル自身は本当はKARAに残りたかったからです。

 

韓国では事務所を移っても元のグループに所属して

活動することじたいは珍しいことではないようです。

 

しかし、この事について

DSPはマネージメントが複雑になるとの理由で猛烈に反対します。

 

そんなDSPについては韓国でも批判が高まっているようです。
⇒対応が早すぎると話題【画像】

 

 

2014年12月29日の記事の引用

【KARAのハラがグループを離れた知英(ジヨン)ニコルにエールを送った。】

韓国で29日、MBC MUSICではハラの自身初の単独リアリティ番組

「ハラのON&OFF The Gossip」(以下「ハラのON&OFF」)第1回が放送された。

ハラは知英(ジヨン)、ニコルが離れた話が出ると涙を見せた。

ハラは『辛かったら、言わないで』

⇒ハラ涙ぐむ【画像】

他にもハラは二人がグループを離れたことについて

「悲しくないと言えば嘘になる。二人もKARAが嫌いで辞めたのではない」としながら

「二人がすごいと言えるのは、私は安定的なKARAの中にいるわけで、

知英とニコルは新しいスタートを切った。最初は寂しかったけど、

今は応援している。それが正しいと思う」と付け加えた。

 

きっと残ったメンバー達にも相当な辛い想いがあるんでしょうね。

みんなが興味を持っている記事はこれ!

One Response to “元KARAニコルのKARA脱退理由とその真相”

  1. ゼンオウ より:

    前に進むから

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ