水沢エレナのカップと韓国語が得意な理由の秘密はハーフにあり

水沢エレナ

水沢エレナさんについて
カップ・整形・韓国語・ハーフ
について調査しました。

去年は色々なドラマに登場していたので
ご存知のかたもいると思います。

水沢エレナ ハーフと韓国語

愛称: エレナ
生年月日:1992年3月21日
(22歳)
出生地:名古屋
血液型:AB型
身長: 170cm
職業: 女優・モデル
カップ:B(推定)
事務所:オスカー

水沢エレナさんは
「ニーナを探せ!!モデルオーディション」に合格して
芸能界デビューします。

 

ニーナというのはマンガのキャラクターで
そのキャラクターに合った人を探すという
オーディションだったようですね。

そんな水沢エレナさんですが
特技は韓国語のようです。

 

水沢エレナさんが韓国語が得意なのには
理由があって
実は母親が韓国人で父親が日本人のハーフなんですね。

 

ってことは「水沢エレナ」て本名なんですかね!?

 

っと思って調べてみたら
本名は「各務英礼奈(かがみ えれな)」
以前はこの名前で活動していたそうです。

 

そりゃー
お母さんが韓国人ってことは
小さい頃から韓国語にも慣れ親しんで
いただろうから
得意になるのもわかりますね。

私はてっきり
韓流ドラマにハマって
韓国語を勉強しだしたくちかと思ってました。

 

因みに
「韓流」これ
「はんりゅう」と「かんりゅう」
どちらの読み方が正しいんでしょうか?

調べてみたところ
韓国語読は「ハンニュ」
中国語読は「ハンリウ」
日本語読は「カンリュウ」

ただし日本では中国読みの
「はんりゅう」が一部ネット上で
広まってしまったため
現在も「はんりゅう」という読み方が
根強く残っているそうです。

 

それなら韓国語の読み方に
すればいいじゃんと思いますが
そもそも韓国語に「韓流」という
言葉は存在しないそうです。

韓国の文化である「韓流」に
対して「日流」という言葉がありますが

私達、日本人が自分達の文化を
「日流」と呼ばないように
韓国の方達も自分達の文化を
「韓流」と呼ばないようです。

 

言われてみれば
確かにそうですよね!!

水沢エレナ 移籍理由

水沢エレナさんは今の事務所
オスカープロモーションに移籍するまでは、
アミューズに在籍してました。

そして2013年3月
契約満了を理由に退社することなります。

その後、数ヶ月間は水沢エレナさんの
活動内容がまったく不明なため

一時は引退説まで流れることとなりました。

【関連記事】
⇒元KARAジヨン脱退の真実
⇒本能寺の変の真実と黒幕

ドラマ『恋空』では主演まで登りつめた
女優さんが移籍後のプランもなく
突然の退社
これには何か訳があったのでしょうか!?

 

この件に関して
まことしやかに噂されているのが
ジャーニーズ事務所のかたと恋愛関係になってしまい
それがこじれて事務所を退社するはめになったというものです。

では、そのかたとはいったい誰なのでしょうか?

Kis-My-Ft2玉森裕太さんと
Hey! Say! JUMP山田涼介さんと
の2人と言われてます。

 

水沢エレナさんは
このお二方と恋愛関係になってしまったというのです。

 

いわゆる三角関係と言うヤツです。

 

まぁ、皆そのころはまだ若いし
そういうことがあってもおかしくなさそうですが

 

どうなんでしょうね・・・。

 

確かに当時ネットでは
この噂をよくききました。

確か水沢エレナさんと思われるかたが
ジャニーズのお2人にたいして
傷つけたことを謝る
書き込みをしたという事で恋愛疑惑が浮上したんですけど

そもそもが水沢エレナさんだと確証が取れたのかは
不明のままでした。

 

結局、ホントのことろは
当人達にしかわからないいうことなんでしょうか!?

【関連記事】
⇒水沢エリナのV字回復の影に整形疑惑とゴリラ押し

・・・>>次のページ>>

みんなが興味を持っている記事はこれ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ